松田聖子の1stアルバム SQUALL は
それまでのアイドル系歌手のアルバムの概念を打ち破っていました。
70年代までアイドル系歌手のレコードはシングルが中心で
アルバムはそれほど評価の高い作品は多くなかったのですが
このアルバムは 曲 アレンジ 演奏 歌 すべてにおいて充実していました。

80年代に入るとアイドル系もアルバム中心のレコード作りをするようになり
いろいろなミュージシャンが参加するようになりました。

そしてこの時期はまだCDはないのでジャッケトが大きかったことも有利でした。