2007年03月28日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:ハ長調のJ-POP

♪地球が暑くなってどこ悪い
 暖房いらずでいいじゃないか
 水道ひねば温泉で 牛乳搾れば粉ミルク
 


スーダラ節 や ハイそれまでよ といった
60年代のヒット曲と違ってあまり知られていないかもしれないが
問題意識の鋭さは健在で 90年代の作品の中では屈指の名曲
そもそも地球温暖化をネタにした楽曲はきわめて少ない
わかっている人が書かないとピントはずれになりやすいので
他のミュージシャンはとりあげたがらないのかもしれない


♪地球が暑くなってどこ悪い
 二酸化炭素でいいじゃないか
 男は腹巻ステテコで女はビキニで盆踊り


大気中の二酸化炭素が増えると温暖化が進行する
という現象は多くの人が知っているようですが
そのメカニズムは案外正しく知られていないようです

地球大気には 窒素 酸素 アルゴン などが含まれていますが
これらは二原子分子や単原子分子であるため
光にも赤外線にも透明でこれらの電磁波を素通りさせますが
水や二酸化炭素などの三原子分子 
あるいはそれ以上の原子からなる分子は
特定の波長の赤外線を吸収して分子が回転したり振動したりするため
電磁波のエネルギーが分子の運動エネルギーに変わるため
地球大気の温度が上がります(要するに熱が発生するわけです)

♪どんどんだんだん温暖化 どんどんだんだん温暖化
 こんな地球に誰がした
 結構毛だらけ灰だらけ 結構毛だらけ汗だらけ


最後は焼け死んでしまったりして木魚の音が聞こえてきます
こういう歌を書ける人が少なくなったというより
こういう歌がわかる人がいなくなってしまったのかもしれません