忘帰彩徒はかく語りき ★ ガヴォット第40番ハ長調

現在ハ長調の曲で60年をふりかえっています。

2007年03月20日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:ハ長調のJ-POP
J-POPも70年代頃までは詩を大切にして歌が作られていたのですが
80年代以降はだんだんサウンド志向に傾いていきます。
しかし90年代にもときどきハッとするような歌に出会うことがありました


♪幸せになることに 臆病な君を
 抱きしめていける強さ 感じていたい
 せつない夜の涙 星に返そう
 明日は今日より君を多く知るはず
 君が僕の名を呼ぶ あたりまえのことにも
 大切に思いたい
 ああ すべてに慣れないように


実に詩の内容がいいし曲も歌も素晴らしい
90年代にもこうした誠実な曲を書いていたユニットが残っていたわけです
でも 印象が地味 だと売れない時代になってしまったんでしょうか
(作曲の三木さんは亡くなってしまいました)

あとユニット名が覚えにくい というのも不利だったんじゃないでしょうか
有名になってしまえばいいですが
それまでは意味のわからない外国語はなかなか覚えてもらえません
どういう意味なのかいまだにわからないくらいです

昔 下呂温泉の水明館に そういう名前のディスコが
あったような記憶があります


ウィキペディアによるとメンバーは

阿久のぶひろ(阿久延博、あくのぶひろ、1969年7月18日 - )ボーカル
三木拓次(みき たくじ、1969年6月11日 - 2002年7月29日)ギター
横山達郎(よこやまたつろう、1970年1月18日 - )ギター
入江昌哲(いりえまさあき、1970年11月15日 - )ベース
三村隆史(みむら たかふみ、1965年9月6日 - )ドラム

「RAZZ MA TAZZ」とは英語で「元気」「活力」「輝かしい」、
または「乱痴気騒ぎ」といった意味  だそうです。


Season Train は 1995年10月25日に出た 6枚目のシングルになるようです 






2007年03月19日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:ハ長調の協奏曲
モーツァルトの27曲のピアノ協奏曲のうち
20番から25番までの6曲は
それぞれが屈指の名曲として知られているわけですが
当時としては理解不能な前衛音楽だったのではないでしょうか

19番までは比較的宮廷音楽として
古典派の伝統にのっとって書かれていたのが
20番以降は突然変異的にロマン派のさきどりともいえる
独自の世界に踏み出しているように思えます

ところが26番以降は再び先祖がえりというか
天真爛漫ともいえるモーツァルトならではの音楽に戻っていきます

そんな意味からもこの25番は
最もベートーベンに近づいた(変な表現ですけどね)
前衛の極みともいえる作品
それだけに現代でも評価が分かれているように思えます。

第1楽章:アレグロ・マエストーソ

第1主題提示部 1~50小節
全合奏で力強くたたきつけられる第1主題は
すでにモーツァルトというよりベートーベンに近い世界
2回繰り返されたあと木管を主とした静かな部分があり
そのあと経過的な部分にはいり力強くしめくくられます。

ハ短調の主題 50小節~90小節
ここで大変に印象的なハ短調の主題?が現れます
のちの展開部で活躍するのは第1主題でも第2主題でもなく
このハ短調の主題だったりします
ハ長調で繰り返されたあと第2主題は提示されずに締めくくられます

第1主題独奏提示部 91小節~169小節
ピアノ独奏がかなり長く続いたあと再び第1主題が力強く提示されます
そのあとも長い独奏が続き 変ホ長調の主題も現れます

第2主題提示部 170小節~230小節
ようやくト長調で第2主題が提示されます
期待を裏切らない穏やかなもので短調に翳りつつも明るく進んで
力強い小結尾に続きます

展開部 231小節~290小節
ハ短調の主題がホ短調になって登場し すぐにイ短調で繰り返され
何度も転調しなから繰り返されます
(この主題フランス国歌の ラ・マルセイユーズ に似てるかも)
時間的には案外短くすぐに再現部に入ってしまうのですが
この展開部が緊迫感に満ちていて印象的です

再現部 290小節~410小節
再び冒頭の第1主題が戻ってきて
変ホ長調の主題も  ト長調の第2主題も ハ短調の主題も
すべてハ長調で再現されていきます
このあたりの構成の見事さには感心させられてしまうのですが
とりわけずっと短調だったマルセイユーズもどき?が
ハ長調で堂々と演奏されることによって大きな安心感に包まれます
そしてカデンツァへと入っていくわけです

カデンツァ
カデンツァは書き込まれていませんから
演奏するピアニストがそれぞれのカデンツァを演奏することになります
たとえば ブレンデル-マリナー/アカデミー ではブレンデル
グルダ-アバド/ウィーンフィル ではグルダ が
それぞれ自作のカデンツァを弾いています

コーダ 411小節~432小節
比較的あっさりしたコーダで終止符にはフェルマータがついてます


第2楽章:アンダンテ
堂々とした楽想と見事な構成で非のうちどころのない第1楽章に比べて
後半の2つの楽章は比較的型通りに書かれているみたいです
この曲が20番台の協奏曲の中でいまひとつ人気がないのは
第2楽章の魅力がもうひとつなせいかもしれません
ここには20番のような平安と怒涛の対比もなく
21番のように甘美な夢に浸れるわけでもなく
22番や23番のような深い悲しみに沈潜することもなく
24番や26番のような安らぎもなく
19番までの曲と変わらぬ淡々とした表情の音楽があります
それだけに聞き飽きないという側面もあるかもしれません
展開部のないソナタ形式 とされているようですが
主題に際立った対照がないのでとらえどころのない印象を受けます


第3楽章:アレグレット
フィナーレも伝統的なロンド
どう見ても ABACABA のロンド形式なのだが
Cの部分が長いのでここを展開部と見て無理やり
ロンドソナタ形式 といってる解説書もあったりする
速度はアレグロではなくアレグレット
しかしモーツァルトの自筆譜には書かれてないとか
アンネローゼシュミット-マズア/ドレスデン は
あまりにも遅すぎるような


ブレンデル-マリナー/アカデミー は
全集の中でこの曲だけライブのようだが標準的な名演
バレンボイム アシュケナージ ペライア などもさすがだけど
評判にいい グルダ-アバド/ウィーンフィル は抵抗がある
アンネローゼシュミット  リリークラウス  アリシア・デ・ラローチャ
などの女性のものは迫力に欠ける 内田光子 はまずまず 


2007年01月09日
楽天プロフィール XML

夏わかめ(Berryz工房)

カテゴリ:ハ長調のJ-POP

ご想像よりも 粒ぞろいさ
ここから 行け 
GOOD SUNSHINE (友理奈)



とことん 歌え  ととことん 笑え
ここから 先 
GOODMOONLIGHT  (舞波)



Berryz工房の2ndシングル
”ファイティングポーズダテじゃない!”のc/w で
発売当初から評判が良かったのですが
1年目のライブでも 初単独まるごと でも
ステージでは歌われなかったので
永久にライブで聴ける機会はないのかとも思いましたが
夏の HIGH SCORE! で突然セットリストに加わりました。
初期の曲なのでパート割りが比較的均等で
舞波がかなり長めのフレーズを歌っています。
HIGH SCORE! ではステージに腹ばいになる振りも話題でした。


2007年01月11日
楽天プロフィール XML

いいとも に ごっちん出演

カテゴリ:後藤真希
ごっちんが 桜塚やっくんからの紹介で
笑っていいとも の テレフォンショッキング に
出演するみたいです

でもこの番組真っ昼間だからオバさん連中しか見れないかな
日曜日の総集編もワンダコンで大阪行ってるし





2007年01月12日
楽天プロフィール XML

明日は大阪エルダコン

カテゴリ:後藤真希
昨年はカラオケコンでハロパみたいだったけど
今年は持ち歌中心らしい
ただ 山河遺跡 ってのが・・・・・



2007年01月26日
楽天プロフィール XML

ショスタコヴィチ:交響曲第7番 レニングラード

カテゴリ:ハ長調の交響曲
2006年はショスタコの生誕100年 だったわけですが
モーツァルトの生誕250年と重なってワリを食ってしまいましたね

ショスタコは生涯に15曲の交響曲を残したんですが
最初の3曲と最後の3曲はやや型破りなのでそれを除くと9曲
しかもハ短調(4番)で始まってニ短調(12番)で終わる

この7番は第1楽章でかなり露骨な戦争の描写?みたいな部分があって


独ソ戦 における レニングラード攻防戦 

を描いた ありきたりの戦争描写 と解釈されがちなのですが

死ぬ間際に 

敵はスターリン 


とつぶやいたとか 

そう この交響曲は 



圧制に対する人間性回復の戦い     なのだ



政府 というものは いつの時代も 

民衆の権利を踏みにじり 

人々を不幸にする存在でしかない 



名演奏はいくつもあるんですが



スヴェトラーノフ指揮 ソヴィエト国立交響楽団 の演奏が出たとき

”迫力はあるが芸術的高さに乏しい” と雑誌に評されていました。

諸井誠 氏は 

”この曲はソ連製の重戦車みたいな

スヴェトラーノフなんかで聴くのが本当

と著書で書いていました



バーンスタイン指揮 ニューヨークフィル 


昔から定評があり 劇的で感動的



格安の全集

バルシャイ指揮 WDR交響楽団 

なかなか聴けます




4つの楽章がわりと独立していて関連性が薄く
それぞれの楽章の中でのテンポや曲想の変化が大きいので


交響曲というより膨大な組曲に近い  とか

交響詩を4つ続けて聴いているようだ

とかいろいろ言われてきましたが
なんといっても日本でこの曲を有名にしたのは


アリナミンVのCM   でしょう





2007年01月26日
楽天プロフィール XML

Good Morning (モーニング娘。)

カテゴリ:ハ長調のJ-POP


 
 ♪さっそくMorning Callして
  行こうよ あの空の彼方まで 
  心の扉大きく広げ
  あなたにMorning Callして
  目覚めた朝の窓 青い空
  Good Morning はばたこうよ


モーニング娘。の1stアルバム”ファーストタイム”の
1曲目に収録されていました。

編曲は前嶋康明

爽やかな歌詞がデキシー風のサウンドに乗って流れます



音の並び方だけならわりとありふれたものなんですが

前の小節の最後からタイで結ぶ

ことによって独特のノリというか
絶妙の爽快感を感じさせてます




ただ切れ目なく次の曲(サマーナイトタウン)につながっているのが残念です
ここは名曲の余韻にひたりたいところなんです

これを最初に聴いたとき

うしろ髪ひかれ隊 の
”素敵なモーニングドライブ”を思い出しました






2007年01月26日
楽天プロフィール XML

蒼い夏 (吉田拓郎)

カテゴリ:ハ長調のJ-POP
♪浜日傘ゆらゆら 
 すらりと伸びた長い足
 蒼い夏がはしゃいでる  


1973年に発売された 伽草子 というアルバムに収められていました
典型的なスリーフィンガーでキーもハ長調なので弾き語るにはいいかも

C D E G A の5つの音だけで
メロディーが作られているので
ハ長調の47抜き長音階だと思いますが
なぜかメロディーは E の音で終止し
そのために余韻が残る感じがするのでしょう

♪いつか滅びる この海が
 肌をじりじり 焦がすので
 今夜きっと 寝付かれぬでしょう


拓郎の曲にペンタトニック音階が多いのはボブディランの影響なのか
それとも演歌的風土?で育ったせいなのかわかりませんが
どちらにしろ大きな魅力になっているのは確かです






戦争を知らない子供達 (ジローズ)

カテゴリ:ハ長調のJ-POP

♪戦争が終わって 僕らは生まれた
 戦争を知らずに 僕らは生まれた
 大人になって 歩き始める
 平和の歌を口ずさみがら


歌詞からはわかりにくいけれど
いちおう反戦歌ととらえていいんでしょうね

しかしまだまだ世界中には紛争中の国も多く
それこそ 平和を知らない子供達 がいっぱいいるわけです
そこで ちょっと替え歌にしてみました



♪戦争が始まって 僕らは生まれた
 平和を知らずに 僕らは育った
 大人になって 戦いはじめる
 飛び交う銃弾に おびえながら
 僕らの名前を 覚えて欲しい
 平和を知らない子供達さ



戦争をおこして金儲けをしようとたくらむ連中は
いつの時代にどこの国にでもいるわけで
犠牲になるのは常に立場の弱い貧しい人々だったりするわけです

この世に政府と宗教の存在する限り・・・・









2007年01月26日
楽天プロフィール XML

ヲタの流れは絶えずしてもとのヲタにはあらず

カテゴリ:後藤真希
モーニング娘。10年記念隊 というユニットが結成されているくらいで
1997年に結成された モーニング娘。 は結成から10年を迎えたわけだ

もちろんメンバーはめまぐるしく入れ替わっているけれど
それ以上に

ヲタのメンツが入れ替わっている

ような気がしてならない

8年前にはネット上でそれなりに有名だった 孫投棄 という名前も
今では知っている人が皆無なように思える

つまり8年前にヲタだった人のほとんどがいわゆる ヲタ卒 してしまって
もうネット上にも現場にも残っていないのではないか

3年くらい前にも どっかのファンサイトで モマイ誰 なんて言われたし・・・


後藤真希掲示板♪14 に来ていた人たちや
Twinさんの第3サイトに出入りしていた頃に出会った人たちは
今頃どうしているんでしょうね




2007年01月29日
楽天プロフィール XML

さくら満開 (モーニング娘。さくら組)

カテゴリ:ハ長調のJ-POP
♪さくら色 片想いの人(高橋)

さくら組の2ndシングル さくら満開です
かなり長い曲で 6分30秒くらいあります。
ハ長調ですが Aメロは FとBの音がなく47抜き
Bメロはハ長調のふつうの音階
サビではニ長調に転調と 芸の細かいことをやってます

結局さくら組は2003年の秋と2004年の春に
2枚のシングルを出し 2回のライブツアーをしただけで終わりましたが
先日の横浜アリーナでは
加護と紺野を除いたメンバーで復活し
1stシングルの”晴れ、雨、のち好き”を歌ったようです
さらに紺野も会場に来ていたようで
あさみ と みうな の卒業セレモニーに参加したとか

さくら組 が残した2曲のシングルはともに名曲で
ライブでは何度もいろんなメンバーによってカバーされています

 さくら色 目が合えばほほ染め(加護)
 少しずつ 大人に近づく(亀井)
 でもダメね 会話にならないの(高橋)



2007年01月29日
楽天プロフィール XML

想い出がいっぱい (H2O)

カテゴリ:ハ長調のJ-POP

♪大人の階段昇る君はまだシンデレラさ

 幸せは誰かがきっと運んでくれると信じてるね

 少女だっといつの日か思う時が来るのさ



化学式(分子式)をユニット名にしたところに
ものすごいインパクトがありました。しかもアニソン
(アニメ「みゆき」のテーマソングになっていました)

曲が古い割にはなんども再放送されているせいか
若い人でも知っている人が多いみたいです。
(合唱コンクールとかで歌われるけど大勢で合唱するような歌ではないと思う)

FS5 ではなっちがカバーしてるんですがはりこの曲は男性の声のほうがいいですね

もちろんハ長調なのでピアノでもギターでも弾くのは楽ですよ

あと シンデレラ って単語はよく歌詞に出てきたり
タイトルになったりすることが多いですねぇ

12時過ぎのシンデレラ
21時までのシンデレラ
素敵にシンデレラナイト
シンデレラハネムーン
土曜日のシンデレラ
PM9:00のシンデレラ
シンデレラサマー






2007年02月02日
楽天プロフィール XML

僕らが生きる MY ASIA (モーニング娘。誕生10年記念隊)

(1)
カテゴリ:ハ長調のJ-POP
イントロは中国風 というか
EAST ASIA(中島みゆき)をちょっと思い出しました。


♪同じ夜空の GACCCDE
 星を見上げた DCDDDEG (久住小春)


歌いだしは最年少の小春ちゃん
露骨な47抜き長音階の上行音階進行で始まります。
音列は ルージュ(中島みゆき) と同じかな


♪遥か遠くに思い寄せ GACCCDE EEDCE (安倍なつみ)


ここも47抜きのメロが続くわけですが


♪まだ知らぬ GFFED (後藤真希)


ここではじめてFの音が出て普通の音階になります
(歌詞が まだ知らぬ ってのは狙っているのかな)


♪友に会えそうだ シルクロード進もう



さらに突然イ長調に転調して


♪共に励まし(安倍なつみ)



♪共に讃えて(飯田圭織)


♪共に心を通わせ(久住小春)

♪家族のように生きていけるさ(後藤真希)

♪絆もきっとできるさ(新垣里沙)


詩はわりとありきたりなんですが
曲は工夫されているような気がしますね
比較的地味なのでヲタ受けはしないでしょうが
長く歌い継がれる曲になるかもしれません




2007年02月03日
楽天プロフィール XML

京都慕情(渚ゆう子)

カテゴリ:ハ長調のJ-POP

♪ あの人の姿 懐かしい (CECCADDC EAGEDC)
  黄昏の 河原町 (CDEGA CAGED)
  恋は恋は弱 い女を  
  どうして 泣かせるの
  苦しめないで ああ責めないで
  別れのつらさ 知りながら
  あの人の言葉 想い出す 夕焼の高瀬川



京都の恋 が大ヒットしたため
2匹目のドジョウを狙ってベンチャーズが作曲した
外国製J-POP(演歌?)
日本情緒を出すため?なのか露骨な47抜き音階進行
特に 黄昏の 河原町 のところなどは
CDEGA CAGED (ドレミソラ ドラソミレ)と音階そのもの
これで伴奏に和楽器を使えば誰の耳にも日本情緒豊かに聞こえる

つまり47抜きの音階でメロを作り(ハ長調なならFとBを抜く)
和楽器を伴奏に使えば日本的な曲は誰でも作れる ということ

昔の歌謡曲に慣れてしまった人には
西洋音階主体の現在のJ-POPを受け付けない人が多いかもしれない

ただ47抜き音階そのものは日本固有のものではなく
スコットランド民謡とか黒人霊歌などにもあり
世界のあちこちで使われている
拓郎の曲にも47抜きが多いけど たぶんボブディランの影響



2007年02月08日
楽天プロフィール XML

スーパージェッター

(2)
カテゴリ:ハ長調のJ-POP

♪未来の国からやってきた GGGACCCD E-DEDC
 知恵と力と勇気の子 GAGAGECAGECE-
 進めジェッター嵐をくだけGG-AC-D-EEEDEDC 
 走れ流星まっしぐら    GABA-A-A AAGG
 マッハ15のスピードだぁ~ CAG-EE CAGEG 


1箇所だけBの音が出てくるもののほぼ47抜き音階といっていい
この時代はアニメソングも47抜きだったようである

スーパージェッターは筒井康隆原作のTVアニメ
主人公は1000年の未来からやってきたことになっている。
マッハ15は音速の15倍だから 340m/s×15 時速にすると・・・
短時間にそのような速度まで加速した場合
生身の人間が耐えられるんでしょうか

あんまりアニメの内容は覚えてないですが
この主題歌はしっかり覚えていたりします。

筒井康隆原作のタイムトラベルものとしては
時をかける少女 がなんといっても有名ですが
最近はこのジャンルのSFは少なくなりました



2007年02月11日
楽天プロフィール XML

君が代

カテゴリ:カテゴリ未分類

♪君が代は千代に八千代にさざれ石の
 巌となりて苔のむすまで


歌詞は別になんとも思わないが曲がつまらない

もともと日本の音楽にはハーモニーという概念がなく
このメロディーは呂旋法だか律旋法だか忘れたが
雅楽の特殊な音階にとっているので
無理やりハ長調の和声をつければ不自然になるのは当然

卒業式シーズンになるとたいてい物議をかもすし
歌う歌わないで教員が処分されたり校長が自殺したり
まことにもって災いの種になってしまう

思想・良心の自由は憲法で保障されているわけだから
歌うように強制するのも歌わないように強制するのも間違い
園遊会では天皇自ら米長教育委員に
”強制しないのが望ましい”と発言しているくらいだ

いっそ国民全部が喜んで歌えるような
国歌を作ってしまったらどうだろうか



2007年02月27日
楽天プロフィール XML

戦争小唄(泉谷しげる)

カテゴリ:カテゴリ未分類

♪女が欲しけりゃ戦争へ行こう
 敵の女とっつかまえて欲求不満のはけ口にしよう
 戦争だから誰にもおこられない
 戦争だ 戦争だ 戦争だ 国が認めた戦争だ
 みんなで殺そう 戦争だ


これほど痛快な歌詞は他にない
たぶんラジオで流れることはないだろうから
聴ける可能性があるとしたらライブでしょうか





このページのトップヘ