忘帰彩徒はかく語りき ★ ガヴォット第40番ハ長調

現在ハ長調の曲で60年をふりかえっています。



松田聖子の1stアルバム SQUALL は
それまでのアイドル系歌手のアルバムの概念を打ち破っていました。
70年代までアイドル系歌手のレコードはシングルが中心で
アルバムはそれほど評価の高い作品は多くなかったのですが
このアルバムは 曲 アレンジ 演奏 歌 すべてにおいて充実していました。

80年代に入るとアイドル系もアルバム中心のレコード作りをするようになり
いろいろなミュージシャンが参加するようになりました。

そしてこの時期はまだCDはないのでジャッケトが大きかったことも有利でした。



曽野綾子の 青春の構図 という小説が映画化されて
岡田奈々が主演で主題歌になっていました。





70年代も後半になると
衣装とか振り付けが派手になって
音も厚くなっていく傾向があるんですが
そんな中で地味な曲は売れにくくなっていきました。

20090319102519_120






この曲は後に 杉田かおる がカバーしています。



ハ長調の曲とともに振り返る60年 
1974年でちょうど1/3の20歳になりました。
いわゆる新御三家の人たちはほぼ同世代なので
当時はこちらも青春現役
感情移入もしやすかったですね

60年代くらいまで直立不動で立って歌う歌手とか多かったのですが
70年代くらいから派手なアクションを入れて歌う人が出てきました。
沢田研二とか西城秀樹もそうですが
森進一もかなりアクションを入れるようになりました。
その森進一が吉田拓郎の襟裳岬を歌ってレコード大将をとったのがこの年
ジャンルの融合も進んで演歌歌手がフォークを歌うのも珍しくなくなりました。


女性歌手では1972年の麻丘めぐみや森昌子に続いて
1973年には アグネスチャン 浅田美代子 桜田淳子 山口百恵
などがデビューして第1期アイドル黄金時代を迎えていました。
それだけに新人にとっては厳しい年でもありました


20090307122154
ちょっと割りこむには苦しかったんでしょうか

フォークも全盛期で
吉田拓郎 井上陽水 かぐや姫 NSP などが大活躍してました。

やがて ニューミュージック という不思議な言葉が使われるようになります。

このページのトップヘ